シンタVRとOrbit VenturaがTelkomselの歴史と製品知識を紹介

Published 30 November 2017, 09:10

11月28日火曜日にジャカルタで開催されたTelkomselの記者会見で、シンタVRとOrbit VenturaがGoogle Daydream Appで自社製品の "Telkomsel History"と "Telkomsel Product Knowledge"を公開しました。 TDD(Time Division Duplex)2.3 GHzを使用して、品質と顧客満足のためのアクセスを向上させるという同社の商業プログラムを開始しました。

イベントでは、シンタVRとOrbit Ventura自体が、さまざまなサービスとプログラムを使用したバーチャルリアリティを通じたアクセスの向上により、ユーザーエクスペリエンスをどのように拡大できるかを示しました。聴衆、特に一部のジャーナリストは、シンタVRの2つの製品である「Telkomsel History」と「Telkomsel Product Knowledge」が新しい視点でどのように表示されるかを目撃し、経験しました。

シンタVRとOrbit VenturaがTelkomsel Historyを作成しました。それは21年間のTelkomselの旅のビデオ編集を示し、様々な伝導イベントや一定期間に奉仕した役員たちと一緒に行われました。その結果、シンタVRとOrbit Venturaは、Telkomsel Product Knowledge、Google Daydream Appの中の別の製品、Telkomselのすべての製品を紹介する製品も展示しています。

SUBSCRIBE NEWSLETTER
Copyright © 2020. SHINTA VR

PT. CITRA WAHANA TEKNOLOGI
Bizxpress Building
50, Jl. H. Agus Salim
Jakarta, 10340
021-27083399