Jakarta XR Meetup 13.0

Published 22 December 2017, 08:03

Jakarta XR Meetup 13.0で発表された雰囲気は定期的なOmni Vrだけでなく興味深いことに、2017年に開催されるVR / AR業界と2018年には何が成長するのかというテーマで議論されました。Jakarta XR Meetupの13回目のエピソード2017年12月19日に開催された昨日は、Cikini Central JakartaのKibar Towerで2時間続きました。

「VRおよびAR技術の開発は2018年には増加すると予測されています」と、パネルディスカッションのモデレーターとしてのNico Alyusは述べました。さらに、ニコはまた説明している多くの技術革新(VRヘッドセットとコンテンツクリエーター)が飛び出していると予想され、それらは今日もなおリードしているエンターテインメントも娯楽です。

このイベントでは、Digital HappinesのSukmadi Rafiuddinなど、他の講演者も参加しました。彼は、「DreadEye」というタイトルのVRテクノロジーホラーゲームをリリースしました。このゲームはプレイヤーをシャーマンに誘います。シャーマンは次元の門を開いて霊とコミュニケーションをとるために、たくさんの奇妙な儀式を行います。 Discovery Nusantara Capital(DNC)の代表であるHenry Wiranataもあります。 DNCは、特に東南アジアのゲーム業界で、スタートアップ企業に2017年初めに資金を設定しました。興味のある新興企業は、次回のXR MeetupでDNCに提示するポートフォリオを準備できます。

ACERのプリセールスマネージャとしてのDimas Setyoも、リソースパーソンとして参加し、VRおよびARデバイスの開発を随時説明しました。何人かの参加者はACERの新しいMixed Reality VRデバイスをテストすることができました。 ACER windows Mixed Realityは、単なるゲームプレイ機器ではなく、健康、教育、さらには業界から、このデバイス上でVRおよびARサポートを利用できるようになる多くの分野です。

SUBSCRIBE NEWSLETTER
Copyright © 2020. SHINTA VR

PT. CITRA WAHANA TEKNOLOGI
Bizxpress Building
50, Jl. H. Agus Salim
Jakarta, 10340
021-27083399