2019年のAR / VR投資動向

Published 16 February 2019, 01:57

Digi-Capitalは、2018年に中国での取引に牽引されてAR / VR全体で60億ドル以上の資金調達を行ったスタートアップを追跡した。今年の上半期の取引量の減少は第4四半期に安定しましたが、中国の数件のメガディールからの急上昇の後、取引額は2年平均に戻りました。

過去2年間でAR / VR取引高は減少しており、直近の最高値は2017年第4四半期に100件を超えています。

2018年のカテゴリー別AR / VR取引の最大数は、コアテク、ゲーム、エンタープライズおよびスマートグラスでした。昨年の一般的な市場動向は、投資家をコンピュータビジョンとARの間のクロスオーバーに導いた。 Varjoが3100万ドルを調達し、Pico Interactiveが2470万ドルを調達するなど、いくつかのVR投資もあった。

中国市場における取引の規模は、過去12か月にわたって特に印象的でした。2018年第4四半期の全段階で11億ドル以上が全世界で投資されましたが、その大部分は後期段階のシリーズC +の取引にもありました。シリーズBを通じてこれらの外れ値をアクセラレータに集中させることなく、市場は3億ドル以上の投資に安定しました。

金額で見るとこれまでで最大の投資カテゴリーは、特にコンピュータビジョンとARの間を行き来する中国企業でした。中国の企業とのAR広告、ライフスタイル、スマートメガネ分野への多大な投資もあり、1億ドル以上の取引が完了しました。


2019年の動向は?
2018年第4四半期には、より一般的な歴史的レベルの取引フローに戻り、ドルは世界規模で投資されましたが、今年の最初の2/4でAR / VR投資の方向性が決まる可能性があります。

SUBSCRIBE NEWSLETTER
Copyright © 2019. SHINTA VR

Ruko Tematik N32, Curug Sangereng, Kelapa Dua, Tangerang, Banten 15810
021-22229631