ソニー、ロケーションベースの拡張現実ゴーストバスターズ体験を開始

Published 10 October 2019, 11:36

今週の土曜日から、日本の東京のファンは、ARヘッドマウントデバイスを使用して「ゴーストバスターズルーキートレーニング」をプレイできるようになります。

ロケーションベースのエクスペリエンスでは、SonyのプロトタイプARヘッドセットを使用して、ゴーストや仮想悪魔が住んでいる現実の設定をユーザーが探求できるようにします。

ただし、ユーザーを従来のシングルプレーヤーの状況に置く代わりに、ユーザーはすべて協力してGhostbusterに関連する一連のタスクを完了し、ARロケーションベースのゲームルーム全体で互いに通信する必要があります。

経験の深さについて疑問がある場合は、各プログラムが約1時間続くことを見込みプレーヤーに警告する必要があります。したがって、真に忠実なGhostbustersファンだけがこれを試してみるべきです。

しかし、悪名高いStay Puft Marshmallow Manが出演しているように見えるので、その1時間のコミットメントは非ファンにとっても価値があるかもしれません。

ヘッドセットとともに、体験に含まれる他のGhostbusterの特別な小道具があります。これらは、インタラクティブコントローラーである場合とそうでない場合があります。

ゴーストバスターズの体験に興味がある場合は、10月12日から12月8日まで東京の銀座ソニーパークに登録してください。

Source

SUBSCRIBE NEWSLETTER
Copyright © 2020. SHINTA VR

PT. CITRA WAHANA TEKNOLOGI
Bizxpress Building
50, Jl. H. Agus Salim
Jakarta, 10340
021-27083399