インドネシアには1000人のVRエキスパート教師

Published 13 February 2020, 06:03

バーチャルリアリティ(VR)コンテンツ開発会社のシンタVRの若者グループは、Millealabというクラウドコンピューティングベースのソフトウェアプラットフォームを作成しました。

このテクノロジーは、教師が高度な仕様のコンピューターをコーディングしたり使用したりすることなく、独自のVRベースの教材コンテンツを作成するのに役立ちます。

これまで、Millealabは、2019年5月以来、東南アジア教育大臣機構のオープンラーニングセンター(SEAMOLEC)およびインドネシア教師協会との一連のロードショーおよびMOOCプログラムを通じて、350を超える学校からアクセスされ、1,200人を超える教師を訓練したと主張されています。

Millealabは、教師がVR教材コンテンツを簡単に作成できることを証明しています。教師は、独自のVRコンテンツを作成できるようになるまで、2時間で勉強できます。

Millealabのマネージングディレクターであり、インドネシアVR協会(INVRA)の会長でもあるAndes Rizky氏は、Millealabは非常に使いやすいと述べています。

「VRにインストールするインタラクションをドラッグアンドドロップして選択するだけで、教師は自分のコンテンツをすばやく作成できます。さらに、教師はVRでクイズをデザインして、結果をリアルタイムで簡単に知ることができます」 2/13/2020)。

セナヤンのジャカルタコンベンションセンターで開催されたEdutech Expo 2020イベントで、Millealabは最近、インドネシア全土のすべての教師が参加できるコンテストを発表しました。

「1000人のインドネシアのVRパイオニア教師のコンペティション」というタイトルのトーナメントは、1年を通して開催され、2つの期間に分けられます。最初の登録期間は、2020年1月20日から2月20日までです。

このコンテストに参加したチームは、2人の教師と1つの学校の1人の生徒で構成されていました。教師は登録後、1か月間MOOCをガイドされ、チームはターゲットクラスでVRコンテンツを試す必要があります。その結果、HOTS(High Order Thinking Skill)学習に基づいたエッセイとプレゼンテーションが行われます。

「このコンペティションでは、インドネシアの教育の発展の先駆者である1,000人のVR専門教師を輩出したいと考えています。教師は高い競争力を持ち、Z世代の学習方法に適した効果的な方法を適用できると確信しています」

第1回1000 VRパイオニアティーチャーコンペティションの登録は2020年1月から4月に行われ、第2期は2020年7月から10月に予定されています。

より詳細な情報は、Millealab WebサイトまたはInstagramからアクセスできます。このコンペティションでは、ミレラブはインドネシアの教育の進歩に懸念がある多くの関係者と協力します。

Source

SUBSCRIBE NEWSLETTER
Copyright © 2020. SHINTA VR

PT. CITRA WAHANA TEKNOLOGI
Bizxpress Building
50, Jl. H. Agus Salim
Jakarta, 10340
021-27083399